Good bye

「Good bye」     作詞 作曲 ダンク中山
 
なあDUNKお前なら どんな言葉をかけてくれる
一人の部屋鏡に映る自分に問いかける
なあDUNKこの町で お前と二人生きてきたから
二人分の幸せと二人分の悲しみが
 
夜空に向かって 笑顔を作れば
なぜか涙 出ちゃうからおかしい
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye
 
なあDUNKお前無しじゃ 女の一人も愛せなくて
夜の公園一人で街の灯りを遠くに見てた
なあDUNK月明かりが 雲に隠れた時に行けよ
涙で滲んだ景色が黒い川の水面で揺れた
 
桜舞い落ちる 川沿いの道歩き
今日も俺は お前と生きている
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
 
夜空に向かって 笑顔を作れば
なぜか涙 出ちゃうからおかしい
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中