黄金色に染めて

「黄金色に染めて」  作詞 作曲 黄金っ子
 
家のベランダから 眺めた
黄金色に染まる 夕焼け
キレイじゃないか
手すりに肘掛け 見つめる
片手に缶ビール 飲みほす
うまいじゃないか
 
さて今日は
窮屈なこの空間を
 
黄金色に染めて
黄金色に染めて
黄金色に染めて
黄金色に染めて
 
煙突の煙が モクモクと
黄金色の空に吐き出す
汚れちまうぜ
俺たちは黄金っ子さ 燃えてるぜ
スカジャン着た瞬間 男前
なんてことない
 
さて今日は
暑苦しいこの空間を
 
黄金色に染めて
黄金色に染めて
黄金色に染めて
黄金色に染めて
 
 
 
広告

今週のライブ プログラム

今週末、ライブです。
先月の曲に新曲も加わり、
更にパワフルなプログラムになってます。
 
レッツ黄金経験。
 
あ、なぜか長渕剛大先生の「とんぼ」もやります。
 
どうなる黄金っ子。
6月はもうすぐだ。
今週一回、来月一回、6月二回の前夜祭。
そして本番へ・・・
 
黄金レジェンドは続きます。プログラム
投稿者: 黄金っ子 Dunk中山 カテゴリー: 黄金日記

リハーサル

土日恒例、4時間耐久リハーサル。
 
来週は、本番ですからね。
月に一度の定例ライブ。
一回目二回目と、満員御礼。
ありがたや。
 
今回も新曲を何曲か増やしたプログラム。
 
最近思うんです。
僕は天才なんではなかろうか、と。
 
狂気を呼ぶリハーサル。
 
週末がつらいww
 
来週に向かってGO!
 
 
 
 
080413_1238~0001080413_1325~0001
投稿者: 黄金っ子 Dunk中山 カテゴリー: 黄金日記

Good bye

「Good bye」     作詞 作曲 ダンク中山
 
なあDUNKお前なら どんな言葉をかけてくれる
一人の部屋鏡に映る自分に問いかける
なあDUNKこの町で お前と二人生きてきたから
二人分の幸せと二人分の悲しみが
 
夜空に向かって 笑顔を作れば
なぜか涙 出ちゃうからおかしい
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye
 
なあDUNKお前無しじゃ 女の一人も愛せなくて
夜の公園一人で街の灯りを遠くに見てた
なあDUNK月明かりが 雲に隠れた時に行けよ
涙で滲んだ景色が黒い川の水面で揺れた
 
桜舞い落ちる 川沿いの道歩き
今日も俺は お前と生きている
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
 
夜空に向かって 笑顔を作れば
なぜか涙 出ちゃうからおかしい
 
海から突き刺す潮風が 俺には冷たいが
港の見える高い丘で また寄り沿い歩こう
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye,Good bye
Good bye,Good bye

保土ヶ谷の町はいいところ

「保土ヶ谷の町はいいところ」  作詞 作曲 ジェイソン尾崎
 
保土ヶ谷の町はいいところ 人通りも少ないし
商店街の人たちはいい人で 目を合せることもない
ヒロタ屋で飲んでる宮ちゃんも ひょうたんで働くおっちゃんも
みんなこの町が好きなのに 盛り上がれずにいる
 
保土ヶ谷の町はいいところ 急坂道だらけだし
自治会館は誰も使わない だって見た目はただの家
栄えた町ではない オシャレなお店はない
でも長く住んじゃうと 離れられなくなる
 
保土ヶ谷の町はいいところ 人通りも少ないし
商店街の人たちはいい人で 目を合せることもない
保土ヶ谷の町はいいところ 急坂道だらけだし
自治会館は誰も使わない だって見た目はただの家
 
保土ヶ谷の町はいいところ 人通りも少ないし
商店街の人たちはいい人で 目を合せることもない
マックに松屋にスリーエフも ガイアにアドアーズアイオンも
みんなこの町に住みついた お客は来ないのに
 
保土ヶ谷の町はいいところ 急坂道だらけだし
自治会館は誰も使わない だって見た目はただの家
キレイな町ではない お金に意地汚い
でも遠く住んじゃうと すぐ帰りたくなる
 
保土ヶ谷の町はいいところ 人通りも少ないし
商店街の人たちはいい人で 目を合せることもない
保土ヶ谷の町はいいところ 
保土ヶ谷の町はいいところ
 
保土ヶ谷サイコー!